エンジニアのお仕事

一言でエンジニアと言っても様々な種類があり、その仕事内容は多岐に渡ります。
ここでは代表的な職種をいくつか紹介しますので、ご自分の進路を決める際の参考にしてください。

ネットワークエンジニア

コンピューターネットワークのシステムを構築、管理、運用業務を行うエンジニアです。ネットワークエンジニアの登竜門とも言える監視・運用エンジニアからキャリアをスタートし、ネットワークの設計や構築を請け負う上流工程のエンジニアへとキャリアアップするケースが一般的です。

サーバエンジニア

ネットワーク上で他のパソコンにさまざまな機能やサービスを提供するコンピューターであるサーバーを構築・運用する エンジニアです。サーバーエンジニアの仕事にはサーバー機器の構築と、サーバーの運用・保守の二つがあります。ネットワークのクラウド化が進み、様々なシーンでビックデータが活用される近年では、優秀なサーバエンジニアの活躍が求められています。

データベースエンジニア

インターネット上でのデータ活用に欠かせないデータベースシステムの構築、管理、運用を行うエンジニアです。企業の情報システムを支えるために必要不可欠であり、様々な企業が持つ大量のデータを管理し、企業戦略に活かすためのデータ分析など、経営戦略面でも活躍の可能性が高い職種です。

セキュリティエンジニア

セキュリティに配慮したシステム設計や構築、システム運用、サイバー攻撃を未然に防ぐための調査や改善などを行う、情報セキュリティに特化したエンジニアです。セキュリティコンサルタントのように必要なセキュリティシステムの企画・提案を行う職種や、セキュリティに配慮したシステムの設計、実装、運用・保守を行う職種など多岐に渡ります。

SE(システムエンジニア)

クライアントの要求(システムで実現したいこと)をヒアリングし、システムの企画、設計、開発、運用をす担当するエンジニアです。主に情報システム開発の上流工程=プロジェクトマネジメントを担当することが多く、設計から予算・人員管理、進捗管理などを行います。クライアントとの打ち合わせや提案など頻繁に行われるため、特にコミュニケーション能力を問われる職種です。

プログラマー

SEの設計を元に、詳細設計やプログラミング、テストを行なう職種です。実際にプログラミングを行うため、技術的な能力が求められます。SI(システムインテグレーター)業界の企業に入社した場合、プログラマーからキャリアをスタートし、SEにキャリアアップすることが一般的です。